Viognier-Japanese

emanuel tres wines

エマニュエルトレスワインは2014年にサンタイネズヴァレーで生産されたヴィオニエを自信を持ってリリースしました。カリフォルニアのヴィオニエとしてはめずらしく、「オーク樽を使わず、マロラクティック発酵もしない」という信念の元に造られており、普段は気づきにくいヴィオニエの花や蜂蜜のような香りのある、活き活きとした酸と豊かなミネラルを持ったワインとなりました。

 

2014 Viognier

エマニュエルトレス ヴィオニエ 2014年はローヌ北部のスタイルで造られており、複雑に広がる花の香りとヴィオニエのみが造り出すエキゾチックな個性が際立っています。ブドウはサンタイネズ・ヴァレーにあるキャンプ・フォー・ヴィンヤードで造られています。日中は暖かく夜間は涼しい風が吹いており、そのため凝縮した果実味とバランスの良い酸味、味わいと香りの複雑さと、活き活きとしたワインを造りだしています。
ステンレスタンクで発酵し二次発酵はさせず、フレッシュなミネラルとエキゾチックなアロマ、深みのある果実味を引き出します。活力のあるこのワインはすぐに楽しんでいただけるワインであり、同時に熟成に向く高いポテンシャルを秘めたワインでもあります。